1Rマンションをリフォームやリノベーションするメリット

2021.08.23

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

リフォームやリノベーションには、どうしてもコストがかかることから、なかなか踏み切れない人も多いでしょう。しかし、多くのメリットがある方法であり、やらないともったいない場合もよくあります。

人気をアップ!空室リスクを下げる

物件をリフォームやリノベーションするメリットは、なによりも状態を改善させることにあります。
今のところなかなか入居者が現れない物件には、なにか注目できない理由があるのです。

古い黄ばんだ内装だったらどうでしょうか。
そのようなところに住みたいと考えるでしょうか。
綺麗でもいかにも古い内装なら、この物件は手入れされていないと感じるはずです。
内装など現代に即したリフォームをするだけで、入居者の目線は大きく変わります。

マイナスポイントをリフォームやリノベーションして作り変えると、目線は注目ポイントに集まるのです。
入居率が低い物件は、マイナスポイントに注目されやすかった問題もあります。
このマイナスを改善していくからこそ、リフォームやリノベーションはリスク軽減として、非常に有効な方法なのです。

節税効果をうまく活用する

リフォームやリノベーションにはお金がかかります。
これが大きな問題点ともなりますが、かかる費用は経費であることを忘れてはいけません。収入が大きくなれば、それだけ所得も増えます。

増加した分だけ納税額も増えますが、リフォームやイノベーションにかかった費用は経費算入できるのです。
つまり、収入を減算する効力があり、所得を減らし節税できます。
注意点としては、経費算入はできるものの、減価償却扱いとなるため、一回にすべて経費にできないのです。

不動産投資にもピッタリの選択

格安の物件を手に入れるのは、不動産投資として利回りを高める大事なポイントです。
新築物件よりも初期投資を抑えられるのは、長期的にも大きな影響を与えます。

古い物件でもリノベーションによって再生できれば、価値を回復できる可能性が出てくるのです。
方法によっては間取りの変更や最新の設備を投入することで、現代的な内容を持たせられます。

ユニットバスなどを新しい状態に変えるだけでも、価値は大きく変化するからです。
特に人気のあるエリアで格安の物件を見つけ、リノベーションによって再生する方法は、不動産投資にもぴったりの方法といえるでしょう。
特に1Rなどなら、初期投資を抑えられます。リフォームやリノベーションに費用を掛けやすくなるのです。

リフォームやリノベーションのタイミング

不動産投資などで入居者が退去したときを狙ってリフォームやリノベーションする方法があります。
原状回復するときに傷んだ部分などを中心に施工できるタイミングです。
特に長く入居者がいた場合には、傷みが出てくる部分が多数あります。

リフォームやリノベーションを狙うには格好のタイミングでしょう。
大幅に変更をかけなくても、ターゲット層に合わせた壁紙などに変更する方法があります。

1Rの場合にはそこまで大きな費用をかけなくても、印象を変化させることができるので注目したいポイントです。
インテリアとしても非常に大きな面積を占めるため、費用対効果の高い方法になります。1Rでは時代によって求められる部分が変わることからも、退去のタイミングは大事な時期となるでしょう。

大規模な変更も、購入したときや退去の時が重要なポイントです。
リノベーションの基本は大規模な構造変更にあります。
時間もかかるため、これから入居者を募るタイミングが狙い時です。

3点ユニットバスなどは、スペースを有効利用するにはベストな方法なのは間違いありません。
しかし、友人がきたりすれば、同時に使えなくなります。湿度が高くカビなどの問題もあり、どうしても使い勝手が悪いのです。
そのため、利用する人は確実に限定されます。

1Rとして対象を完全に絞り込めないのなら、分離している状態のほうがいいでしょう。
こうしたリフォームやリノベーションは、時間も費用も掛かるため、タイミングを見極めなければいけないのです。

ターゲットに合わせた1Rのリフォームやリノベーションをする際のポイント

だれをターゲットにするのか、これが重要なポイントです。
一体だれのほうを向いてリフォームやリノベーションをするのかを定めなければ、意味のない投資になります。

キッチンに注目すれば、アイランドキッチンのようなものは1Rには要りません。
これはファミリー層で、どちらかといえば奥様が家庭に長くいらっしゃることが考えられるはずです。
このような大規模なリフォームやリノベーションは、1Rなら要らないことがわかるでしょう。

逆に女性の利用を考えれば、洗濯ものを外に干さないで済むバス乾燥機はあると便利です。
キッチンも2コンロ置けるスペースがあったりすれば、楽しく生活できることが想像できるでしょう。
こうしたターゲットに合わせた選択が重要となるのです。

周辺の情報収集も大切

周辺の物件がどのような状態かを確認すると、リフォームやリノベーションの方向性が見えてきます。
自分は女性単身者をターゲットにしたいと思っていても、周りが転勤の多いサラリーマンを狙ってたらどうでしょうか。

自分がニッチな条件を提示して市場を抑える方向性と周りに合わせて市場に参入する方法が見えてきます。
入居者を募る場合に、市場がなにを求めているのかを知るのは、とても大切なのです。

リフォームやリノベーションをする価値も、ここにあるといっていいでしょう。
特に周りの物件は入居者が現れやすいのに、自分のところはうまくいかない状況では、リフォームやリノベーションが必要となる可能性が高いのです。

見積りで費用の確認

リフォームやリノベーションは、お金がかかるところが最大の問題点です。
費用を投入する以上、その価値がなければ意味がありません。
見積りをもらうだけではなく、相場と比較し、正しいものかどうかを確認する必要があるでしょう。

同レベルの別の資材を使った場合にどうなるのか、そこまで含めての把握が必要です。
そのためには見積もりを取って他社と比較する必要があります。
知識があれば見ただけでも分かりますが、実際にそこまで理解するのは難しい問題です。

相見積もりであれば、同じ資材や似たようなものを使ったときにどうなるのかが比較できます。
これにより、適正金額かどうかが分かりやすくなるのです。

相見積もりというと交渉の手段として使われるイメージがありますが、それだけではありません。
このように相場の確認や似たような資材を見つけるときにも役立てるため、必ず相見積もりをとりましょう。

水回りの確認

リフォームやリノベーションでは、水回りの確認が何よりも大切です。
構造的な問題で、水回りは手を入れにくい部分になります。

もしも、なにか問題を抱えていたときには、入居者にも大きな影響を与えますし、隣家にもダメージを与えかねません。
損害賠償の請求が起こされると、これまで得た利益があっという間に失われてしまうケースさえあるからです。
確認と修理の絶好のタイミングになる以上、正確に状態を確認する必要が出てきます。

1Rだからこそのポイントを見逃さない

リフォームやリノベーションは、1Rだからこそ注目するべきポイントがいくつもあります。
そのポイントを明確に抑えていくことが、成功させるための秘訣です。

特にポイントも抑えずに新しくすればいいと思っていると、投資した金額が無駄になるケースも出てきます。
なにが必要なのかを見極め、投資することが大切なのです。

  • 無料相談