不動産テックとは?最近の市場動向と活用事例について

2022.01.06

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

不動産業界で注目されている「不動産テック」。アナログ業務が中心であった業界にIT技術を駆使した便利なツールも登場しています。
しかし、不動産テックを聞いたことがあるものの、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産テックの目的や活用事例、市場動向などについて解説します。

不動産テックとは?

不動産テックは「不動産」と「Technology(技術)」を掛け合わせた言葉です。ITを利用したデジタルトランスフォーメーション(DX)のひとつとされています。
ITを活用した新しい技術を使った不動産に関するサービスで、不動産業界のこれまでにあった商習慣を変える仕組みとして注目されています。

不動産テック4つの目的

①情報の透明化

不動産会社は、不動産流通機構が運営している「レインズ」を通じて物件情報を入手しています。
しかし、一般の方は、スーモやアットホームなどの不動産サイトで物件情報を得られますが十分とは言えません。
したがって、不動産テックを通じて、情報を透明化する仕組みが大切です。

②業務の効率化・自動化

不動産業界は、これまで労働集約型の​​ビジネスモデルでありました。
しかし、少子高齢化で労働者の数が減少傾向にあります。
その問題解決策として、テクノロジーを用いた業務効率化・自動化させる取り組みが必要となります。

③集客アップ

ITを活用し、追客をシステム化することによって、見込み顧客を逃さず、集客アップにつなげることできます。

④顧客満足度を高める

情報の透明化、業務の効率化・自動化、集客アップを通じて、これまでの商習慣にはない不動産テックと新たなサービで顧客満足度を高めることができます。

不動産テックの活用事例

ローン・保証

住宅ローンの相談をWeb上で相談できるサービスや銀行のローンを比較し借り換えのメリットを知ることができるアプリ、不動産担保ローンの借入可能額が分かる・借りれるアプリ、引越し時の賃貸初期費用を後払いが可能なサービスなどがあります。

IoT

IoTは「Internet of Things」の略語です。自宅の鍵をスマートフォンで開け閉めできるサービス、エアコンや給湯機器、冷蔵庫などを​​もスマートフォンと連携して、家から離れた場所で操作できるサービスなどを指します。

VR・AR

VRを利用した内覧システムや物件写真とバーチャルデータを用いて家具を設置する​バーチャルステージング​などがあります。

仲介業務支援

不動産の追客に特化したチャットアプリ、不動産売買の業者間マッチングアプリ、弁護士監修の電子契約サービスなど、​​Webサービスを通じて売買や賃貸をサポートするサービスです。

​​リフォーム・リノベーション

リフォーム全工程を支援するプラットフォームサービス、リノベーション物件を専門に扱う情報ポータルサイトなどがあります。

管理業務支援

不動産テックサービスや社内システムのデータ連携、不動産管理会社とオーナーを繋ぐデジタルプラットフォーム、賃貸物件総合管理システムなどがあります。

​​​​スペースシェアリング

スペースシェアリングとは、短期間で​​​​不動産や空きスペースをシェアするサービスです。
24時間入室可能なサービスオフィス、多拠点型シェアオフィス、空きスペースを借りられる「Airbnb(エアビーアンドビー)」などが有名です。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、インターネットを通じて出資・投資・寄付をする資金調達の方法です。

価格可視化・査定

AI・人工知能を利用した物件の可視化・査定、空室確認・物件確認自動応答システム、マンションの価格を瞬時に査定できるサービスなどがあります。

物件情報・メディア

住宅・不動産情報の専門サイト、チャットで内覧予約を行えるシステムなどがあります。

マッチング

不動産の売却者と購入者をマッチングさせるサービス、リフォーム業者のマッチングサービスなど、​​さまざまななプラットフォームがあります。

不動産テックの市場動向

株式会社矢野経済研究所の「2021年版 不動産テック市場の実態と展望」によると、2020年度の市場規模は前年度比8.6%増の6110億円と推計されています。(消費者向けサービスのBtoC領域と事業者向けサービスのBtoB領域を合算)

B to C向け市場規模は、前年度比109.6%の4,852億円、B to B向け市場規模は、前年度比104.9%の1,257億円となっています。
一方、2025年度は、20年度の2倍以上拡大すると予測しています。

(参考:株式会社矢野経済研究所「2021年版 不動産テック市場の実態と展望」

まとめ

今回は、不動産テックの目的や活用事例、市場動向などについて解説しました。
不動産テックは、業務の効率化・自動化や集客アップ、顧客満足度を高めるなどのメリットがあります。

また、アナログ業務が中心であった不動産会社で導入するケースも増えつつあります。
プラットフォームやアプリで簡単に利用できるサービスもあるため、まずはいくつか試してみてはいかがでしょうか??

  • 無料相談