いつから始める?20代からの不動産投資

2020.01.31

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

皆さんは不動産投資と聞くと、20代の若い方には少々縁遠い様なイメージをお持ちではないでしょうか?
しかしながら、終身雇用というイメージが崩壊しつつある昨今では、若いうちから資産形成を考えていく必要性が高くなっています。
今回は20代の若い方でも始められるワンルーム投資について、そのメリットデメリットを踏まえながら解説していきます。

そもそも20代でも投資は可能なの?

結論から申し上げますと、20代からワンルーム投資を始めることは可能です。 勿論、より大きな一棟投資を考えた場合、貯蓄や収入の面から簡単ではないと言わざるを得ません。
しかしワンルーム投資であれば、不動産投資として見れば比較的少額で始めることが出来ますし、何よりそれらも融資によって大部分を賄うことが出来ます。
収入や貯蓄面のハードルも一棟投資に比べれば随分と低くなります。

そうは言っても、投資である以上リスクは付き物です。
ましてや融資を受けて行う事が多い不動産投資を、まだ社会的信用力が十分ではない若いうちから始めることに対して、心理的な抵抗がある方も多いのではないかと思います。

ですが見方によっては、若さとは何物にも代えようのない武器と言えます。 至極当然の話ではありますが、年齢を若く見せることは可能であっても、年齢を若く”する”事は絶対にできません。
若いという事は、不動産投資を始める上で絶対的なメリットなのです。
では具体的にどの様なメリットを享受出来るのか、考えていきましょう。

20代でワンルーム投資を始めるメリット

メリットとしては以下の様な要素が考えられます。

得られる総収入が大きい

改めて説明するまでも無いようなことですが、不動産投資では取得した物件を第三者に貸し出す事によって、賃料収入を得ることを目的としています。
よって当然の事ながら、保持している期間が長ければ長いほど、得られる収益の総額は大きくなるという事になります。
要は早くから始めれば、リターンを得られる期間が長くなるという事になりますので、それだけでも十分にメリットが有ると考えることが出来ます。

働きながらでも両立させやすい

前条のメリットはワンルーム投資独自のメリットというより、投資全般に言えるメリットです。
であればワンルーム投資にこだわる必要もないのでは?とも思えますが、特にこれから投資を行っていこうという方にとっては、数ある投資の中でも特にワンルーム投資をお勧めする理由があります。

これから不動産投資を始めようという方の多くは、本業で何らかのお仕事に従事されている方ばかりだと思います。
将来的には投資収益のみでの経済的独立を目標としている方もいらっしゃるかと思いますが、あくまで初期段階では本業と投資の両立が肝要です。

その様な中にあっては、株式やFXの様な敏感な値動きをする投資対象物だと、どうしても投資側に集中せざるを得ない場合があり、時に両立が困難になってしまうかもしれません。
反面ワンルーム投資であれば、常日頃から物件に気を配らなければならないという事はありませんし、頻繁に売り買いを行うものでもないので、働きながらでも無理なく両立させることが可能です。

健康で若い内に団体信用生命保険が組める

不動産を取得する際、殆どの場合で団体信用生命保険への加入が必須となります。
生命保険なので当然加入には審査が必要です。
銀行審査が通ったのに生命保険審査が通らず、不動産投資を断念せざるを得なかったという方は少なく有りません。
得てして保険とは、加入したい時に加入できないもの。
不動産投資にも同じ事が言えます。
健康リスクの低い若い内にこそ、不動産投資を始める意義は大きいのです。

融資を受ける上でもメリットが大きい

不動産投資では、30~35年程度の長期融資を受ける事が通例です。
よって30代40代の方は、完済時は既に仕事に就いていない方も多いです。
いくら物件から収益を得られるとは言え、給与収入がない状態で返済をしていくのは少々気苦労も多いものです。
20代の内に融資を受ける事ができれば、殆どの場合で在職中に返済を終えることが出来ますから、借入による心理的疲弊は少ないと考えられます。

また一部の金融機関では、返済期間が45年程度にも及ぶ超長期型融資が実行される様になりました。
融資は完済時の年齢に合わせて返済期間が制限されるため、この様な超長期型融資は、むしろ20代の若いうちからでないと、そのメリットを最大限に活かしきることが出来ません。

20代でワンルーム投資を始めるデメリット

実は早くから不動産投資を始めるデメリットは、実質的には無いといっても過言では有りません。
この様に書くと少々誇張表現のように感じるかもしれませんが、投資という行為自体が年齢によって不利を受けるような物ではないので、若いからという理由だけで生じるデメリットは無いと考えられます。
恐らくは他の不動産投資系記事を見ても、若い内から投資を始めるデメリットについて触れている記事は少ないでしょう。
ただ強いて言えば1点だけ、デメリットというより、気をつけるべき点があると考えます。

あくまで次へのステップであり、20代のうちに完結する必要はない。

これから不動産投資を始めようという方も、いずれはより規模を大きく、より大きな収益を得ることも目標として活動されていくことと思います。
とは言え当然のことながら、収入や貯蓄等の属性によって、受けられる融資額は変わってきますし、2件目3件目の融資を受ける場合は、既存の借入の状況も審査対象となります。 その過程で、最初の投資で受けた融資が、今後の審査において足かせとなってしまう可能性も否定できません。

もちろんこの問題は、何も若い方に限った話では有りません。
しかし20代のうちは、まだ給与や貯蓄等が潤沢ではない場合が多いので、結果融資額が限られてしまい、30代や40代の方と比べ早くにこの問題に直面する可能性が高くなります。
ですがこれはお手持ちの不動産の売却によって解決出来ますし、そう急いで売却せずとも、今後給与といったご自身の属性が良くなれば自ずと融資枠も拡大されるため、殆どの場合で解決可能な問題です。

20代のうちに行う不動産投資は、言わば序章段階と言えます。
ですからこの段階で融資枠の頭打ちを迎えたとしても、決して悲観する必要はありません。
むしろ将来的に考えれば取れる選択肢は多い訳ですから、どの選択が最善なのかを考え、計画を立てていきましょう。

ワンルーム投資であれば首都圏がオススメ!

ここまでは若い内に投資を行うメリットや注意点について解説して参りました。
最後に現実的にどの様な物件が投資に適しているのかを考えていきたいと思います。
先述の通り、初期のうちはワンルームへの投資が現実的なプランとして提案できます。
ではワンルーム投資において、最も重要と考えられる要素は何でしょうか?
利回りは勿論のことですが、それ以上に立地が肝要であると考えます。

ワンルーム投資自体に介在するデメリットとして、空室時は収入が0になってしまうという点が挙げられます。
不動産の入口 不動産投資 如何に利回りが高くとも、継続的に入居してもらわないと、満足の行く収入を得ることは出来ません。
つまりワンルーム投資で最も注視すべきは賃貸需要であり、必然的に首都圏が投資対象エリアとして有力視されてきます。
もちろん、一概に「首都圏」というだけで需要は図り切れませんので、専門的な知識を持つ者ともよく相談し、不動産投資に取り組んで頂きたいと思います。

  • 無料相談